飛青磁

国宝にもなっている飛青磁花瓶と同じ技法を

蘇嶐窯は、初代から守り継いでいます

青磁の釉薬をかけた後、鉄釉を筆でおいていくことで青の中に、赤みのある鉄釉の景色が浮かびます

その飛青磁シリーズをお取扱いいただいている

東京のビームスジャパンさん。

先日そちらでうちの商品をお買い上げいただいた方が

京都に来たら是非訪ねたかったと

工房に遊びにきてくださいました。

。。。嬉しい。

いろんなご縁が繋がり、今があるなぁと

しみじみです。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください