蘇嶐窯について

初代涌波蘇嶐は、明治・大正期に活躍した京焼青瓷の第一人者、初代諏訪蘇山の薫陶を受けその技法を受け継ぎました。

以後、涌波家は四代にわたって京都・清水の地で伝統技術を守り作陶を続けてきました。

当代の福岡・小石原焼の窯元の妻との結婚を機に、異なる窯業地のふたつの技が融合することとなり。。。ふたりだからこそできたブランド 「蘇嶐窯」 新たな青瓷の表現を追求し、多くの方に愛される器をつくるべく、夫婦で日々ろくろに向かっています。

初代 涌波蘇嶐

about_001

明治40年 金沢市に生まれる

初代諏訪蘇山氏に陶芸一般を師事

本京都市立美術工芸学校教授図案科主任

千熊章禄氏に図案一般を師事

伊勢神宮に御食器一組十七個三組謹作奉納

昭和54年没

二代 涌波蘇嶐

about_002

昭和17年 金沢市に生まれる

京都市立日吉ヶ丘高等学校陶芸科卒業

京都市立工芸指導所(現 京都市工業試験場) 陶磁器 本科・専修科修了

父 初代蘇嶐に陶芸一般を師事

文化勲章叙勲 楠部弥弌氏に師事

平成6年没

三代 涌波蘇嶐

about_003

昭和26年 福井県勝山市に生まれる

京都女子大学短期大学部国文科卒業

二代の妻 和子 三代蘇嶐を継承

松坂屋高槻店にて 三代作陶展を開催

以後 四日市店・上野店・静岡店他で個展開催

工房外観

about_004

蘇嶐窯は京都・東山の東大路通りに面しています。工房兼ギャラリーの玄関は、建物南側にかかる暖簾が目印です。

どうぞお気軽にお越しください。工房の扉が閉まっている際は、インターフォンでお呼び出しください。

工房内

about_005

工房では、ろくろ成型、釉薬掛け、窯焚き陶磁器制作のすべての工程をおこなっています。

工房見学の折には、隣接するギャラリーでご覧いただいた商品の技法や制作背景を知っていただくことができます。

about_list_001
ろくろ成型に使う道具はほとんどが手作りです。器のラインやフォルムを考え木の板から削り出します。
about_list_002
釉薬をこす「ふるい」は、濃度に合わせて目の細かさを使い分けます。蘇嶐窯では、80目から180目までのふるいを使用しています。
about_list_003
窯詰めの際に、棚板の高さを調整する道具です。「とうふ」「つく」「せんべい」「L字」などさまざまな呼称があります。
about_list_004
陶磁器は「さん板」に並べて作業します。肩に乗せて移動するときには、落とさないようそっと慎重に。
about_list_005
自動乳鉢(写真右)で顔料の原料となる鉄などを摺ります。およそ24時間かけて粒子を細かくします。ポットミル(左手)は、釉薬の原料と水を入れてすり潰し、粒子の細かさを整えます。
about_list_006
本焼きは還元焼成(窯の酸素量を意図的に不足させる手法)です。900度を超えると窯の横から炎を入れ、窯の中の酸素を燃やします。刻々と変わる炎の長さと色で窯の中の温度を確認しながら、ガス圧と空気量を調整し最終的には1,250度まで温度を上げます。