手作りの道具も大切な財産に

京都大丸での個展まで一カ月と少しになり

工房では制作も大詰めです。

今日は花瓶の水挽き。

決まった形をいくつも作るのではないので

目の前にラインを作る道具「えごて」を並べて

一本一本インスピレーションで形を作っていきます。

この道具も全て手作り。

先代から受け継いだものや自分で作ったものまで様々です。

これがまた息子の代でも使われたりするのかな、、と思うとそれもまた感慨深いです。


 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です