新作アクセサリー試作

春の展示会へのお披露目に向けて

新作のアクセサリーを試作しています。

身につけた時に、裏もチラ見えするので

なるべく釉薬を掛けておきたくて

童仙房(どうせんぼう)をつかって浮かせて焼きます。

裏に釉薬掛けてやくと溶けてひっついちゃうので。

まるでキノコが続々はえているよう、、、。

みんな倒れずに焼き上がりますように。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です