作り手と使い手

今日は  本焼き後の熱気と、かわいそうなくらいがんばっているクーラーの攻防戦の中 水挽きです。

お客さまとデザインを相談しての湯呑制作。

image

作り手は、形やラインを揃えることに一生懸命なのですが、そんな中  ふと、この湯呑を使う人達はどんな方達なんだろう。と思うと、もう想像力がムクムクと(笑)

家族かな。恋人かな。

この湯呑でお茶を飲む時間を

どんな気持ちで過ごすのかな。

緑茶かな?ほうじ茶かも!

 

私達、作り手の向こう側には必ず使い手がいて。

作りたい物を作ることも大切だけど

使い手に気持ちを添わせて作ることも大切だなー。と当たり前のことに気づきを覚えた時間でした。

 

この湯呑でお茶を飲む人達が

笑顔でその時を過ごせますように。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です