2度目の宿題の答え合わせ

先日の上京でのもう一つのミッション。

それは昨年9月に放送していただいた

LIFE〜夢のカタチ〜の中での一コマ。

銀座資生堂FAROの能田シェフからの宿題の2度目の答え合わせでした。

宿題は、

蘇嶐窯の強みを生かした今までのしきたりに囚われない時代にあった素敵なものづくり。

でも洋食器ではなく和食器にしか出せないがシンプルで完成された白い平皿

TV放送の時には、解釈の方向を間違え、あえなく撃沈しておりました。。。😭

シェフと話す中で、これでダメならきっとこちらだ!と見えた方向性があり、次の一歩を踏み出すことに。

和食器の定義、白の定義、私達にしかだせない世界観。。色々考えてたどり着いた

使う技法は「刷毛目」でした。

これは飛鉋と並ぶ、実家福岡小石原焼の伝統技法なのですが、父の他界もあり技術の習得は諦めていました。でも今回の宿題を私達だから表せる世界観としてどうしてもこれで取り組みたく、実家に戻り義兄に教えてもらうことに。細かなところまで本当に丁寧に教えてもらい、あとは京都に戻り技術の向上と、磁器土との相性や釉薬とのバランスを幾度も実験し、なんとかサンプルができあがりました。

シェフに見てもらうまではドキドキで胃が痛かったのですが、、、、。

今回は笑顔で、いいですね😊とのコメントが😭😭😭😭

テレビ放送後も、ご覧いただいた方からあの宿題はどうなったのですか?とよく聞かれており、やっとご報告ができることになりました!!

しかもその日のコース料理に使っていただき、桜香る平目のヴァポーレというお料理を盛り付けていただき。。。。感無量🥺💕

新しい蘇嶐窯の可能性を開くきっかけをいただいた番組“LIFE”と能田シェフに本当に感謝です。。。

また、結婚記念日が近かったこともあり、シェフをはじめ、スタッフの皆さまからのanniversaryカードと蘇嶐窯の器にのせたデザートのプレゼントまで。。。😭ありがたや。。。😭

いやほんと。。。。諦めずに頑張ってよかった。。。。

こちら「刷毛目」は、今年10月の工房企画展での新作お披露目に新しいアイテムとして皆様にお披露目できるように準備しております!よろしかったらその機会に是非見にいらしてくださいませ!

 

 

#資生堂FARO #銀座 #刷毛目

#kyotocrafts #localcrafts #工芸

#蘇嶐窯 #soryugama

#京焼 #清水焼 #東山 #青磁

#porcelain #celadon #kiln #pottery

#ceramics #京都 #kyoto

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください